教育再生実行会議

令和3年6月3日
提言を受け取る菅総理1 提言を受け取る菅総理1
提言を受け取る菅総理1
提言を受け取る菅総理2 提言を受け取る菅総理2
提言を受け取る菅総理2
挨拶する菅総理1 挨拶する菅総理1
挨拶する菅総理1
挨拶する菅総理2 挨拶する菅総理2
挨拶する菅総理2
挨拶する菅総理3 挨拶する菅総理3
挨拶する菅総理3
挨拶する菅総理4 挨拶する菅総理4
挨拶する菅総理4

 令和3年6月3日、菅総理は、総理大臣官邸で第48回教育再生実行会議を開催しました。

 総理は会議の冒頭で、鎌田薫座長から第十二次提言を受け取りました。

 総理は、挨拶で次のように述べました。

「今般、教育再生実行会議において、ポストコロナ期における新たな学びの在り方について、第十二次となる提言を取りまとめていただきました。有識者の皆様の御尽力に心より感謝申し上げます。
 今回の提言で指摘されているように、ポストコロナ時代においては、デジタル技術も活用しながら、子供たち一人一人に最適で多様な教育、そのために既存の制度の柔軟な運用が求められます。
 このため、今回の提言では、高校・大学の対面授業でも総授業時間の半分までオンライン形式の授業が可能であることを明確化すること、高校時代に取得した大学の単位数に応じて大学の早期卒業を可能とすること、大学の入学や卒業時期の多様化を促すために入学前教育プログラムを開発すること、学校現場などでデータをより活用した教育を行うことなどの提言を頂きました。
 今後、萩生田大臣を中心として、関係閣僚の協力の下に、提言を着実に実行していただきたいと思います。また、有識者の皆様には、これまでの提言内容のフォローアップも行っていただくようお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日